アスタ ブラクロ。 News

「植物魔法」の使い手で、回復魔法やサポート系のエキスパートだったが、アスタと並んで戦えるようになると決意してからは攻撃魔法も覚えた。

18

集中攻撃を受け瀕死の状態に陥るが、アスタのように肉体を鍛えていたことが幸いし、レトゥアのサポートの下で辛勝。 アスタが負けた戦闘は基本的にこのどれか もしくは全て に該当すると思っても過言ではない。

ユノは伝説とされる『四つ葉の魔導書』に選ばれるが、マナを持たないアスタは魔導書に選ばれなかった。

3

出来の悪い兄を見下しているが、実は優しく周りに好かれている兄にコンプレックスがあり、両親の態度から自分は兄よりすべて優れていなければ愛されないと思っている。

14

アスタも、(うす、ヤミ団長)と、心の声で通じ合います。 そしてアスタはやっつけたい相手が同じことから、 「俺と悪い奴をぶっ倒そーぜ!二人で」 そういって握手を求めます。 砂魔法 圧殺の砂塊 大量の砂を発生させる。

13

目に見えない遠い場所への移動も可能であるが、自身の魔力でマーキングしていなければ行くことが出来ない。 好きなものは甘いお菓子とそれに合った紅茶。 水回復魔法 クヴァレ オペラツィオン クラゲのような形をした治療室を展開し、そこから伸びる無数の触手で患部を治療する。