コンパウンド 種目。 筋トレはコンパウンド種目が基本!多関節種目から始めよう | @1Rep

setAttribute "type","hidden" ,a. 肩や二の腕の筋肉を鍛えることができるショルダープレス ショルダープレスは座った状態でバーベルやダンベルを頭上に押し上げることで肩や二の腕の筋肉を鍛えることができるコンパウンド種目です。 肘から上げるイメージで、上げたときに肩をすくめないようにするのがポイントです。 つまり、大きな筋肉を発達させようと思えば、このコンパウンド種目を行って高重量と積極的に向かい合う必要があるわけです。

19

BIG3とはスクワット・ベンチプレス・デッドリフトの3種目のことでBIG3では上背部や力こぶの筋肉への刺激が不足しているのでラットプルダウンかシーテッドロウを追加します。 上背部の筋肉や肩の筋肉、力こぶの筋肉を鍛えることができるシーテッドロウ シーテッドロウはケーブルについたアタッチメントをみぞおちに向かって引くことで広背筋や僧帽筋といった上背部の筋肉や肩の筋肉、力こぶの筋肉を鍛えることができるコンパウンド種目です。

例えば、僕が好んでやるのはダンベルプレスなんですが、これはコンパウンド種目です。 シーテッドロウもラットプルダウン同様、初心者の人でも鍛えにくい上背部の筋肉を効果的に鍛えることができるのでおすすめです。 スクワットのように座ったり立ったりする動作も、ほぼ全身を動かすコンパウンド種目です。

11

筋トレ初心者にコンパウンド種目をおすすめする理由 コンパウンド種目は一度に多くの筋肉を鍛えられるので効率がよく無駄がない。 代表的な種目として、 ベンチプレス・デッドリフト・スクワット・懸垂・オーバーヘッドプレスなどがあります。 それを実現するには、 いかに筋肉に効かせられるか が重要なので、決して高重量を扱うことが目的ではありません。

16

一般的には座って行うシッティングが人気ですが(画像も座ってます)、おすすめはスタンディングポジションです。 しかし、「一つの筋肉に狙いを絞る」ということには、それなりのテクニックと経験が必要になります。

12

手保護のためフレームにパットを巻くのもアリです 腕を軽く内に捻り 肩関節内旋 、肘の向きは体の真横ではなく後方に向けた状態で脇を閉める。

14

これを解消するテクニックとして、1つ例をあげたいと思います。 そらし過ぎたり丸めてしまうと、腰に大きな負担がかかってしまうので注意です。

13