板 まんだら 事件。 ゆるーく学んで受かる行政書士試験講座: 板まんだら事件って何?行政書士試験で頻出の重要判例・・法令で解決できるもの・解決できないもの

司法権の民主的統制 [ ]• The judicial process: An introductory analysis of the courts of the United States, England and France. この判断は2つの点においてなされる。 先ほどの例でいえば、お金を貸した人とお金を借りた人が当事者です。

6

。 なお、「 広宣流布」とは、 日蓮の三大秘法の仏法が日本国中、さらには全世界に広まることを言うそうです。 なお、法律上の争訟ではあるから却下すべきではなく、証明責任に基づいて錯誤が証明されていないことを理由に請求を棄却すべきだとの、寺田裁判官による反対意見が付された。

15

『 これを本件についてみるのに、錯誤による贈与の無効を原因とする本件不当利得返還請求訴訟において被上告人らが主張する錯誤の内容は、 1 上告人は、戒壇の本尊を安置するための正本堂建立の建設費用に充てると称して本件寄付金を募金したのであるが、上告人が正本堂に安置した本尊のいわゆる「板まんだら」は、日蓮正宗において「日蓮が弘安二年一〇月一二日に建立した本尊」と定められた本尊ではないことが本件寄付の後に判明した、 2 上告人は、募金時には、正本堂完成時が広宣流布の時にあたり正本堂は事の戒壇になると称していたが、正本堂が完成すると、正本堂はまだ三大秘法抄、一期弘法抄の戒壇の完結ではなく広宣流布はまだ達成されていないと言明した、というのである。 :国家統治の基本に関する高度な政治性を有する国家の行為について、その高度の政治性ゆえに司法審査の対象にはならないとする考え方がある。

12

したがつて、右は信仰をはなれた事実認定の問題である。 [5] すなわち、被告は原告ら会員に対し、昭和39年5月頃、 1 本件寄付金は戒壇の本尊を安置するための正本堂建立の建設費用にあてることを目的とする。 逆に言えば、法規の適用によって解決できない争いは、になじまないということになる。

10

[35] 「板まんだら」の真偽についても原告らは、被告が信仰対象を、「日蓮が弘安2年10月12日に建立した本尊」(被告の規則3条)と定めているのに、被告が正本堂に現実に安置した「板まんだら」は、右のような「板まんだら」ではないと主張しているに過ぎない。

2

そうすると、宗教上の紛争に対する国家裁判権の介入の是非を判定するための一応の基準としては、前者のように宗教団体の組織に関する一般社会生活の面と共通の争いに重点があるのか、それとも、後者のように通常の社会生活の面とは異なる内心の信仰に直接かかわる面に重点があるのか、という観点を設定することができ、前者の場合には国家の裁判権が及ぶことを認め、後者の場合にはそれを否定するということになる。 これは 具体的な争訟ですね。

12

…ジョージア州裁判所の適用した黙示信託(Implied Trust)論における基本的教義からの逸脱という要件は、全米教会のための黙示的信託が終了したと宣言することができる程度に、各地方教会が〔全米教会に〕帰属した当時の信仰と実践に関する教義からの『基本的な逸脱』を全米教会の行動が示しているか否かを判断することを国の裁判所に求めるものである。

6