クソゲー オブ ザイヤー 2019。 ぷしぷし的クソゲーオブザイヤー2019

崩壊ト Cute) 「負けたら!で戦う」を掲げるも、頼みのは「土地に土地を置くと勝手にを全消費される割に相手は次第で3~4つ気で土地を同時におけて1消費で1ドローできる」というの狂った代物であり、さらには「ドロー」で成功しなければを発生させられず最悪時間切れになってしまう。 先天的な病気を持っているらしく、化け物のレッテルを貼られた過去がある(らしい)。

1

幼い頃から猫として育てられ、本人も自分を猫と思い込んでいる少女。 端から見ると笑えるが、実際にするとな。 多少の違いこそあれ、「大変だったでしょ?ありがとう」とか「早くあなたに会いたいです」と別々のヒロインに同じようなことを言われるため、ヒロインの個性が無くなっているのでは?と感じた。

6

次点作• 選択肢での進行不可バグはあるがごく一部の選択肢でかつ特定の動作をすると起きるもので、オートセーブの存在もあってそこまで支障があるものではない。 」にでも影響されたのだろうか。

またテキスト送りが速い部分があり、特にムービー中の主人公の台詞は一部ではあるが一瞬で消えることがあり、回想での見直しを余儀なくされる。

サブヒロインとは会話することができず、それでいて彼女たちは主人公に対し「昨日は誘ってくれてありがとう」だとか「もらった服着てみたけどいいね」などと一方的に送ってくるので、まるで既読無視でもしているかのような虚しさを感じる。

それもサブヒロイン8人中5人も。 エブリバディ!• (・)• (Rで20、SRで60、SSR、URで1080ポイント。 明らかに重要そうなイベントを汎用イベントにした結果同じことを何度も聞かされることが多い。

12

(メインヒロインのムービー時間は約30秒程度、また2週目からはすでにみたムービーのみスキップ可能) また一部イベントではムービー中に選択肢が挟まり、選んだ方によって少しムービーの内容が変わるものが存在する。

・テキスト、イベント関連 テキスト面ではバックログ機能がなく、一部未翻訳のテキストが散見される。 主人公行きつけの喫茶店のオーナーで、このゲームの中ではおそらく一番の常識人ポジ。 (回想がない影響もあるかもしれないが) とにかく我儘かつ自由奔放で、お宝があるかもしれないという根拠もクソもない理由で真夜中に雅の喫茶店や良子の働くビルへ侵入するという犯罪者まがいのことに主人公を巻き込んでいる。

17