マイ ボディ ガード 映画。 「デンゼル・ワシントン主演の『マイ・ボディ・ガード』(2004)で、これはじつに素晴らしい作品だった」 こいつ本気で言ってんのかよクソ映画だったぞ

トニー・スコット監督は、舞台をクィネルの原作のイタリアから、メキシコ・シティーに変更。 1日に平均4人の子供が誘拐されるというメキシコシティで、実業家の娘Pitaのボディガードとして雇われるJohn Creasy。 警官を殺した、教師を犯した、弟を殺した…とんでもねー噂だらけ。

マイ・ボディガード Man on Fire (2004年)• 母はすでに亡くなっているが、父はそのホテルの支配人を勤めており3人で幸せな生活を送っていた。 雪深いオレゴンで、レイチェルの息子フレッシャーと、レイチェルの姉で付き人でもあるニッキー(ミシェル・ラマー・リチャーズ)と過ごすフランクとレイチェルはささやかな幸福に浸るが、フレッシャーの乗るボートが突然爆発し、幸い彼は助かったものの、何者かの手が近づいていることは明白となる。

クリフォード・ピーチ - ()• 襲撃の際、銃弾を受け重症を負ったクリーシーは、かつての暗殺者のクリーシーとなり犯行メンバーへの皆殺しを決意する。 レイチェルの元には数か月前から不審な出来事が続いており、遂には殺害を予告する脅迫状までが送り付けられてきたため、フランクに白羽の矢が立ったのである。

6

レイバーンはそんなクリーシーを温かく迎え、仕事を紹介してくれる。 誘拐事件を捜査する。 しかし、ラストに目隠しを外したピタが「クリーシィ~~! 淋しさに震えていた心が温もりで満たされていくダコタと、人間らしい感情や生きる希望を取り戻していくデンゼルの表情の変化が胸を打つ。

腐敗した警察と繋がる組織、娘の父親まで誘拐に関わっているのだ 誘拐保険あり。 そんなクリーシーを見てピタは母リサに言った。

12

映画を観てバーで語り合い、フランクの自宅で二人は一夜を共にした。

3

クリーシーに協力する。 無くても憧れた友情があったはずです。 相手がどれだけ悲鳴を上げようとも全く意に介さず淡々と尋問していきます。

彼の弟の悲しい事件を知る。 なんといっても、少女役のダコタ・ファニングの無邪気なみずみずしさと、 心の乾いてしまったデンゼル・ワシントンとの交流や、 その結果、少しずつ人間の心を取り戻していく様が良く描かれていたと思います。 ある日、フランクの元を人気歌手レイチェル・マロンの付き人ビルが訪れ、彼女の身辺警護を依頼する。

20