河合 その子。 河合その子さんを語る

(1985年12月 - 1986年4月、フジテレビ) - 阿部純子 役• 同曲は週間チャートで初登場5位、翌週には1位を獲得した。 そんな河合奈保子さんのご家族4人は、現在、 オーストラリアで生活をされています。

5

同年5月にアルバム『Colors』を発表したが、プロモーション活動はラジオに数回出演した程度で、唯一のテレビ出演は『』でのミニライブであった。 久しぶりの感情でちょっと自分でも戸惑ったことを覚えている。 1986年発売。

17

1986年おニャン子クラブを卒業し本格的にソロ活動を開始。

3

勿論,河合その子も20人の 中に入って歌っています。 ドラマ『』で共演したが、『』のスポットライトで出演した際、紹介フリップのお友達の欄に「河合その子ちゃん」と書いていた。

1

河合奈保子さんの娘のkahoさんについて紹介します。

13

後にコンサートのトークで「この曲は音域が気持ち良いので好き。 でも、彼がどこにいるのかわからなく、会えるだけで、会えるだけでいいと、彼を探して街を彷徨う。

おニャン子クラブの活動中にはメンバーが様々なドラマに出演したが、悪役を演じたのは河合だけである。 風船旅行(1986年8月23日〜10月11日、全国ツアー)• 但しあくまでであり、芸能界復帰ではなかった。

6

河合奈保子の娘のkahoは歌手として史上最年少でレコチョクデイリー1位獲得! 出典: 河合奈保子さんの娘のkahoさんはシンガーソングライターです。

14