宇崎 ちゃん ポスター。 「胸が大きいだけの萌えキャラ」がセクハラ認定された本当の理由 宇崎ちゃん×日赤コラボが示す教訓 (2ページ目)

日本事情に詳しい米国人男性が英語で、過度に性的な絵で、赤十字のポスターとしてふさわしくない、とツイッターで発信(10月14日)、日ごろから女性差別問題について活発な発信をしている女性弁護士がそれに同意し「環境型セクハラ」と批判を続けたところ、「表現の自由だ、表現を規制するのか」「自分の基準で勝手なことを言うな」「たかが絵なのに文句を言うな」等々の、ほとんど罵倒と言ってもよいようなものも含めて、非常に多くの反批判を受けた。 akiba:F献血ルームに貼りだされたポスター ある日本赤十字の献血ポスターが、ネット上で議論を呼んでいる。 ネット上では、女性を利用した性的な図画を目にする機会は多いし、また露骨で女性差別的な発言やそれに関連した攻撃的な発言もいやおうなく流れてくる。

この「性的対象物」が難しいのは、たいていの男女は性的対象物というか鑑賞物になりうるからです。 さらに近年は、あらたに 8 女性をその身体やルックスに還元してしまうという問題も重視されている。

17

最後に議論の重要性について、 議論は、私も必要なことだと思いますが、議論を行うことよりも、まず相手の議論を聴くことの方がより大事ではないかと私は思います。 問題になっているのはウェブ漫画『宇崎ちゃんは遊びたい!』とコラボレーションしたポスターで、献血に行くことによって同作品のクリアファイルが貰えるというキャンペーンの宣伝として製作されたものだ。

3

んで酒でも飲みながら誰かと「あのポスターエロいよね」って話くらいはしたと思う。

15

そもそも、化粧品のコマーシャルのように、性的魅力に富んだ人物が、特定の利益を擁護する事自体、ごくありふれた行為でしかない。 個人が性的である、性的情報を発信する主体となる自由は守られるべきです。

19

なんであえてこういうイラストなのか、もう麻痺してるんでしょうけど公共空間で環境型セクハラしてるようなものですよ」とツイートし、大きな炎上案件に。

18

(つまり、二次元三次元を問わないのである) また反転可能性テストは不可能である。