妻 盗撮。 妻を盗撮してばれてしまいました。

薬のせいで痩せ細っていましたが、男なら誰でもこんな女と寝てみたいと思う最上級の女です、当たり前のようにつまみ食いです。

4

そんなため 私はこれからっていうときに その場を去らなければならない状況になってしまったのです。 ブローカーの男は北川敬子(仮名)を身請けして車に乗せると、その全身を舐めまわすように観察しました。 この男性の執着心。

6

これが 私の愛する妻が知らない男に変えていかれる はじまりでした。 「ダメ出ちゃう! イクわ いっちゃうの あぁ~ いくぅ~!! ほんとに出ちゃうぅ~~!!」と叫びながら 妻のその部分から1本の噴出する体液が 床中に飛び散りました。 そして、男は彼女の顔を自分の方に向けると無理やりキスをしました、北川敬子(仮名)は少し顔を背けながらも、そのキスを受け入れたのです。

毎日したいと毎月不満をぶつけてくる。 そのあと 妻は 「ほんと 凄く感じたよ こんなの初めて」そんな会話をしていました。

7

その上、客のつかない時には経営者(後に実刑、長期)や店の店員の子たち(後に有罪、執行猶予)の性処理もさせられていました。

泣いて怒って大きな声を出して、したいと詰めよってくる。 妻はそんな私の問いかけに 恥ずかしそうに 「お願い シャワーを浴びさせて」 私はそんな言葉を無視して 妻の身体を調べました ミニのスカートをめくり上げて 思わず 息を呑みました。

「トラックの運転席の後ろに 仮眠するところあるでしょ? そこでね 運転手の 舐めさせられたの」 「後ろからは 彼に私の感じるところ 舐められながら・・ 私は運転手のものを 舐めたの」 「私 凄く恥ずかしくって 変な気分になっちゃって・・・・ で 私がいきそうなのって言うと 運転手のあそこが 私の口の中で膨らんだかと 思うと 口いっぱいに白いドロドロしたものが・・・」 「いったんだね?」 「うん そしたら 彼も私のあそこに・・ いっぱい・・大きな奇声を発しながら かけてきたの 二人とも凄くいやらしい声だしながらね」 「私 二人の射精するところ見たら いきなりいっぱい 出ちゃって・・・」 「 また 潮噴いたんだね? いっぱい出たんだ」 「うん 止まらなくなっちゃうほど」 「でね その後始末もさせられないままに また私の車に乗せられちゃって・・」 「また されたの?」 「うん 今度は 彼のものを 舐めさせられたの」 「彼にさっきのこと 思い出してごらん?って言われて 触られたら また 感じちゃって・・」 「彼ったら さっき出したばかりなのに また 大きくなってきて 凄いの さっきいより 大きくなったって感じるくらいに 硬くなて・・」妻は 話ながら かなり興奮しているようでした。

8

「ずっとね そのトラックが着いてきて・・・ そのうち 彼ったら・・」 「ん? 何かさせられたの?」 「うん 次の信号で止まった時 トラックの運転主に なにか話しにいったのね」 「そしたら トラックが少し走って止まったの 彼が じゃぁ 一緒においでって いうもんだから・・」 「一緒に車降りたの?」 「うん・・・」 「で 何かしたの?」 「お願い もう勘弁して 私 どうかしてたの! ゆるして あなた!」 「どうしたんだよ そんなに大きな声ださないでもいいいよ 怒ってなんか ないよ」 妻はか弱い声で 話を続けました。 その指先は彼女の心は拒否していても身体は喜んで受け入れていることをすぐに確信させました。 本当にイチャイチャできると期待はしていませんでしたが、男性はもう一度妻に尋ねました。

14

「娘に対しては申し訳ない気持ちでいっぱいです。 北川敬子(仮名)「船から降りた頃はたぶん薬のせいでほとんど記憶がないの、ただ安っぽい造りの田舎のモーテルみたいなところで、背中に刺青のある中年の男とやったことだけは覚えてる」 妻「その男、刺青があったの?」 北川敬子(仮名)「うん、背中一面、そうだ、あそこにも真珠みたいなのがいっぱい入ってて、なんかボコボコの変なおちんちんだったよ、うふふ」 妻「あはは、ボコボコ、あはは」 北川敬子(仮名)「そう言えば、船にお風呂はなくてシャワーだけだったから、久しぶりにお風呂に入れてうれしかった気がするわ」 妻「そうか、船はシャワーだけなんだね・・・」 北川敬子(仮名)「うん、その男なんてどうでも良くて、ただお風呂がうれしかったよ」 妻「わかるよ、それって、あはは」 北川敬子(仮名)「そうだ、思い出した、それで湯船の中でその刺青の男の膝に後ろから抱っこするみたいに抱かれて、後ろからおっぱいとあそこを弄られたわ」 風呂から出ると、すぐに男は彼女をベットに押し倒し、バスタオルを剥ぎ取ると両手でおっぱいを鷲掴みにしてゆっくり、ゆっくりと揉み始めました。 妻の真っ白なTバックだけじゃなく ミニのスカートまでが 染みになっていました。

16