任意 継続 被 保険 者。 任意継続被保険者

この制度に該当すると、離職の翌日からその翌年度末までの間、国民健康保険料について前年所得の給与所得を100分の30として算定され、任意継続保険よりも国民健康保険に加入した方が保険料の負担が低くなる場合があります。

14

昨日まで書いたブログのタイトルを検索していて意外にも書いていなかった今日のテーマ、先日受けた質問からのご紹介です。

13

後ほど解説しますが任意継続の手続きは退職後20日以内に終わらせなければなりません。 いずれの場合でも納付期限日までにお振込みください。

高齢受給者証(交付されている場合)• 健康保険組合より「資格喪失証明書」を登録されているご住所へ送付します。 よって、入社後にすぐ退職したとか、退職後1ヶ月経過した後に「やっぱり任意継続被保険者になりたい」といっても認められないといことになります。

17

資格喪失日の翌日以降、健康保険証を健康保険組合にご返却をお願いします。 任意継続被保険者が死亡したときは、死亡した日にその資格を喪失する。

7

毎月月初に届けられる納付書を使って、コンビニエンスストアや銀行で納付• 被保険者となるための条件 以前に継続して2ヶ月以上加入の実績があること、資格喪失日から20日以内に申請することが条件となっています。 任意継続被保険者資格喪失申出書• このように保険料が増加すると、退職者の家計を大きく圧迫することにもなりかねません。

5