イグニッション コイル 点検 方法。 イグニッションコイルの点検の仕方で困っています。

ガソリンを燃焼させるために点火の役目を担っているスパークプラグという部品があり、このスパークプラグを作動するのには高電圧が必要不可欠。 Ignitorの赤コードはIgnitorモジュールに12Vの電源を与えるコードですが、抵抗器の逆側の端子につないでしまいますとIgnitorには6Vしか供給されず、まともに動作致しません。

18

このCDIというのは Capacitor Discharged Ignition という英語の略で、容量放電点火方式とでも訳されるべき、簡単なダイオードを組み合わせたユニットです。 バッテリーから送られてきた12Vを、20,000から35,000Vの高圧に変換しスパークプラグに電気を送る仕組み。 大気圧中でプラグに火が飛んでも、圧縮された混合気の中で火を飛ばすには10倍くらいのギャップに火花が飛ばないとダメです。

12

このテストで点火が確認された場合、点火系以外のどこかに問題があることになります。

20

そうだね! 走行距離が10万kmを超えていたら念のため全て交換した方がいいよ! 【補足】故障しているかどうかを自分で点検、交換する方法 自分で点検する方法の1つとしてスパークギャップテスター、プラグコードリークテスターという器具を使ってイグニッションコイルの点検する方法があります。 イグニッションコイルに故障があれば、車の調子も目に見えておかしくなってしまいます。 イグニッションコイルはトラブルが起きない限り異常が分かりにくいため、定期的な点検をあらかじめ行っておきましょう。

故障していないイグニッションコイルの抵抗値は 1. 上画像の矢印のように、となりのコイルと交換して またエンジンをかけて、先ほどのカプラを抜く点検をします。 結局長くてアレですけど、なんとか理解できました! じゃあナリタさん、どう対策してるんですか!? ナリタオートの方針は「壊れる前に直す!」でしょ!? いい質問だ(自画自賛)。 リーク・・・直訳は漏れる・・・ 電気が漏れてしまうわけですね・・・ さらにもうひとつ。

10

イグニッションコイルが故障したときの4つの症状 もしイグニッションコイルが故障すると、 エンジンの動作状況に異常が現れます。

8

2次側(プラグ側)は音が鳴りません。

15