コルベット。 コルベット

「Z06(ズィー・オー・シックス)3LZ」、「グランスポーツ3LT」は7速マニュアル、8速オートマチック、「Z06(ズィー・オー・シックス)コンバーチブル 3LZ」、「グランスポーツコンバーチブル3LT」は8速オートマチックを組み合わせる。

6mとされ、市街地の取り回しにも苦労しません。

1959 Corvette XP-87 スティングレイレーサー C2型コルベットの直接的なデザインスタディとなったのが、 スティングレイレーサーと呼ばれる車である。 また既存のもコルベットと称されるようになった。

の車名欄およびJAIA()の輸入車登録台数の統計では「シボレー」となっている。 British Cruisers of the Victorian Era. また、SRが活躍したとほぼ同時期に、更なるパフォーマンスアップを図った SR2に発展し、のデイトナでの王者であるに続く2位に食い込み、その実力を示した。 また、運動性能向上のためダウンサイジングを敢行し、先代より全長が100mm短縮されたが、逆にホイールベースは30mm延長され、オーバーハングを縮小することで安定性を高めている。

13

その一方で、タフでパワフルなアメリカンV8エンジンによる余剰馬力の大きさを持ち味としており、一時期高性能エンジンを採用したことがあったものの、最新型においてもコンベンショナルなV8大排気量エンジンを採用し、強力な加速力と余裕の走りがコルベットのアイディンティティとなっている。

4mmで5,733ccのV8 OHVエンジン一本となり、標準仕様は190馬力、オプションで210馬力、更に排ガス規制の厳しい向けに、コンピュータ制御の排ガスコントロール装置を取り付けた仕様も登場した(180馬力)。 販売期間 - 2人 2ドアクーペ 2ドアコンバーチブル GM LT型 5. トランスアクスルも引き継がれており、前51:後49という、スポーツカーとして理想的な前後重量配分を保っている。 後にビッグブロックは更なる排気量拡大を受け、427立方インチ(6,997cc)までスープアップされている。

11

販売が開始されたのはから。 例えばフラワー級の登場以前の1935年度計画で、イギリス海軍は巡洋艦の任務を肩代わりできる駆逐艦の建造に着手したが、当初はこれを「コルベット」や「フリゲート」と称することも検討された。 エンジンラインナップは先代から変更はないが、には ビッグブロックユニットが7,440ccに排気量を拡大。

そんなZR1は次期モデルC5にモデルチェンジされるまで販売され続け、最終モデル 1995年モデル では411PSまでパワーアップし、多くのアメリカンスポーツカーファンから愛された1台となりました。 RWDで欧州スーパーカーシルエット! なお、ボディバリエーションはクーペとTバールーフを廃止したタルガトップを用意していたが、C3後期に安全性の問題でラインナップから落ちたコンバーチブルが型から復活している。 現代のコルベット [ ] 近海護衛艦・小型対潜艦 [ ] 後半より、イギリス海軍では、戦時に備えて局地防衛用の沿岸警備艦艇の急速建造についての研究に着手しており、をベースにした対潜艦艇を開発した。

シボレーブランドの日本での普及に大きく貢献しました。 史上初の右ハンドルを設定するというニュースを聞き、前述のようなインパネを想像していたが、ふたを開けてみると大変に凝ったドライバーオリエンテッドな設計を採用していた。 編集部の裏話が聞けたり、最新の自動車パーツ情報が入手できるかも!? 配信を希望する方は、Motorz記事「 」をお読みください!. またフランス海軍では、1960年代に計画していた大型対潜艦を当初は「コルベット」と称しており、1965年度予算で建造した(「」)はC-65型、1967年度予算より建造を開始した量産型()はC-67型、またその改良型()はC-70型と呼称された。

7