ノシメ マダラ メイガ。 お米の虫の予防法

米びつ内での虫の発生を防ぐ方法として古くから用いられている唐辛子ですが、あまり効果がなかったという声をたまに耳にします。 年に2~3回発生するそうです。 殺虫剤などを扱っているホームセンターなどでも請け負っている場合があるようです。

13

腹部は灰白色。 これらに対してはノシメマダラメイガ用のフェロモントラップが同じ様に使えます。

2

食品類は残ったらしっかりふたを閉めて、適切な形で保存をし、虫発生を食い止めましょう。 お米につく虫の正体は? 一般的によく発生するのは、「 コクゾウムシ(穀象虫)」か「 ノシメマダラメイガ」です。

14

炊飯時にも、お米を洗うことによって、小さなコクゾウムシ等はかなり除去できます。

6

また、生の唐辛子は水分を含んでいるため、お米の中に入れて放置をしてしまうとカビの原因になる恐れも。 見た目がよく似ているので、ちょっと見ただけではなかなか判断がつかないかもしれませんが、日本国内で最もよく見られるについて解説していきます。

14

また、唐辛子などの調味料の外蓋が空いていると、ふりかけ穴から虫が侵入して中で幼虫が生育していることもありますので、注意が必要です。