まつり 縫い やり方。 なみ縫いのやり方を写真で解説!裁縫の基本となるコツ・ポイントは? [裁縫] All About

縫い目が垂直に渡るように、縫い代の折り山の部分をすくっていきます。

1

アップリケをしてもほとんど縫い目が見えません。 糸を完全に引き終わるまで、しっかり結び目を固定しておきます。 糸を切ってできあがりです。

これのくり返しです。 もっと簡単に… 玉止めのすぐきわに針を入れて少し離れたところに針を出します。

11

できた輪の上側を中指で押さえながら、糸を引きます。

4

糸を引いて、縫い終わりのすぐきわで固定します。 さらに玉止めをしておくとよいでしょう。 縫い終わりも、2枚の布の間で玉どめをすると、仕上がりがきれいです。

19

図のように縫い代を切り落とせば、きれいに仕上がりますよ。 ぐし縫いは並縫いの縫い目を 細かくしたものなんですね。

2

今日は返し口についてまとめてみました。 たてまつりはアップリケなどに、端まつりはスカートやズボンの裾上げなどに向いてます。

17

角に差し掛かりました! 角の部分は必ずひと針いれましょう。 「まつる」という縫い方にはいくつか種類があり、仕上がりや用途が違うので疑問を抱いている人も多いようです。

20