オンライン アイス ブレイク。 ZOOMやウェビナーで使えるアイスブレイク15選

アイスブレイクを通じて、物事の受け取り方やアウトプットの方法が一人ひとり異なることを実感できます。 むかついています(怒)な言動と対処方法• 解答する順番を決めて、チャットでしりとりを続けます。 制限時間内により高いタワーを作るにはチームでアイディアを出し、協力し合あう必要があります。

17

外遊びができない梅雨の時期などにも、上手にアイスブレイクを取り入れてみましょう。 「血液型は~型ですか?」という質問も禁止 だったり• プレイ人数:4〜6名 プレイ時間:30分〜 遊び方• オンラインビデオツールのほとんどは、ビデオが写っている位置が人それぞれなので、まず最初にリーダーは自分から見て誰がどの位置に写っているのか、全員と共有するのがヒントです。

2

そうすると意外な趣味や経歴が出てきやすくなるので、印象に残りやすくなります。

18

名刺交換をきっかけにする オンライン商談のアイスブレイクに使える1つ目のネタが、名刺交換をきっかけにするというものです。 チームの一体感が向上はコミュニケーションの活性化やチームビルディング構築など、ビジネスシーンにおけるさまざまな相乗効果が期待できます。 >>参考:アイスブレイクに使えるネタはコレ!場の雰囲気がなごむゲーム10選 謎解きコンシェルジュ いいことニュース 開始直前までになにか良いことを言ってもらいます。

20

オンラインの場合はファシリテーターが中心となって進めるトーク系のアイスブレイクがおすすめです。 そして 1名がポーズをとり、今どんなポーズをとっているかを口頭で説明します。

指先だけのスキンシップで誰とでも取り組みやすいので、男女交互になるように並ぶとよいでしょう。

10

5人ずつのブレイクアウトルームに分かれて競いあいました。 かんたんな自己紹介も兼ねて、ウェビナー内で呼び合うニックネームを決めてもらい表示名も変えてもらいます。 アイスブレイクを行う人のことを、「ファシリテーター」「アイスブレイカー」と呼ぶこともあります。

4