愛想 を 振りまく。 「過半数を超える」も間違い!間違って覚えている言葉TOP5

日本語の言い回しには、とても似通ったものがあり、きちんと覚えていないと、恥ずかしい言い間違いになってしまうことも。 「一縷」とは、ひとすじの糸の意味。 とりわけ飲食店などの接客が主要な仕事においては、「愛想」はお客様に心地良くいてほしいという心遣いやもてなし、サービスの表れです。

6

動作をふりまくことはできないので、「愛想をふりまく」は間違った表現と覚えましょう。 心が広い 見た目の笑顔通り、心の中もいつも優しい気持ちで穏やかに過ごしている人は、 どんな人にも愛嬌を振りまくことができるでしょう。 言い間違えている人が多いということです。

20

きょうは「オフィス編」から、間違えてしまいやすい10種の正誤例を引き出してみましょう。 どんな相手も個性として受け入れようとする傾向があります。 この表現を使うなら、そういうニュアンスをも意識して使うように、と言っているようです。

「愛想を振りまく」は誤字 一般的には「愛想を振りまく」という言葉は存在しません。

15

また、自分の話ばかりせず、人の話にきちんと耳を傾けることができる「聞き上手」です。

4

二面性がある 愛想を振りまく人の特徴として二面性がある人も少なくないと言えます。 それは変。 よく聞く言い間違い あ行 あ行 正しい 誤り 意味(解説) 愛敬を振りまく 愛想を振りまく 人から好感をもたれる表情やふるまいをすること。

15

「愛想」の「想」という字は、「相」と「心」から成っています。

2

二面性があり、周囲に人がいないところでは不愛想で文句ばかり言う人も存在します。

1