ザブザ ハク。 ナルトの白と再不斬は最初のほうで死んでしまったので弱いと思われがちですが相当...

(認めたくないけど、トシとるとマジで涙腺弱くなるよ!) 例えハクが天国いって、ザブザが地獄にいっても、ハクの方が地獄までザブザを追っかけてきそう…なんで、ハクとザブザのふたりはどこにいってもずっと一緒にいてほしいです。 ちなみに、白は後の第四次忍界大戦で穢土転生された時に再不斬が自身の事を道具とは思っていなかった事をカカシに告げられ、驚いた様子で聞き入れ、再不斬へ感謝した。

11

「」という忌み嫌われる血継限界に生まれてしまった事が災いし、父が母を殺し、白も殺されかけたが逆に父を殺してしまう。 でも、このふたり、この後、生きていたら、もっと幸せになれたよね。

6

その後、カカシのに翻弄され、敗北する。 その直後、雇い主のに裏切られ、の死を愚弄された事に怒り、決死の特攻を仕掛ける。 死に際には逝ってしまった白に対し、「今までありがとう…悪かったなあ…」と本音を露わにしている。

いかがでしょう?. あの墓から生き返るってことはないんだよな。 そのとき自身が"必要とされない存在"と思い絶望し放浪していたが、血継限界の一族と知りながら自身を拾い必要としてくれたを心から慕っている。

2

7人衆の前身がサムライ8の7つの鍵だな -- 名無しさん 2019-05-18 23:10:46• ある日、なぜかすべての〈牙〉が突然死んでしまい、母はその責任を問われ処刑されることとなった。

5

やがて、クーデターを目論むも水影暗殺未遂となり、白や数名の部下共々里抜けをする事になる。 鬼人の異名に違わぬ実力でカカシを水牢に閉じ込めるも、ナルトとの奇策により、術の解除を余儀なくされた。 仮に他の忍ができるけどやらない!ってのも変な話しですね。

12

人間界の闇ガード 滝蓮三郎と魔界側の闇ガード 麻紀絵は、両界の平和条約調印の為に来日するジュゼッペ・マイヤートの護衛を命じられ、調印阻止のために暗躍する魔界の過激派たちに対し、激しい戦いを挑む。 東京ドーム並の氷のドームを作って、全員凍らせたり、吹雪で視界を奪い、長期戦で体力を削るってのもありです。

白への想い、本音 白を道具としてしか利用せず、白もそれは重々承知の上「ずっとお側に置いて下さい」と忠誠を誓っていた。 読みは「ももち・ざぶざ」。 霧隠れの実力者・霧のの一人だったが、水影暗殺のクーデター未遂の末に、数人の部下と共に里抜けを行う。

4

勿論、漫画のセオリーから考えるとナルトとサスケが白に殺される設定はないと思われます。 前述通りナルト達の最初の敵であるが、狙ったのか原作でナルト達のと誕生日が同じだったりする。

17