ディンプル キー。 ディンプルキーはピッキングできる?構造・仕組みでわかる防犯性

そうしたときは、電気錠をお勧めいたします。

16

ピンはすべてステンレス鋼製にルブコート処理してドリリング対策も万全のため、強度や耐久性も高い優れものの鍵です。 関連記事. シンプルな作りであるため、ピッキングがされやすく防犯性が低いといわれています。

6

見積もりや相談は無料なので、気になる方はぜひメールやお電話でご連絡ください。 失敗すれば防犯性が下がってしまいますし、用意したシリンダーが合わないなどのリスクもあります。 それぞれの鍵屋さんの規模や営業形態によって得意分野が異なるので、自社の強みを生かしたスタイルを選択しているのです。

17

また、6ヶ月に1回の頻度でOKですので、面倒な手続きではありません。

16

そこでここでは、ディンプルキーに交換したときのメリット・デメリットをご紹介します。

3

ディンプルキーの特徴や交換方法は下記のとおりです。 玄関シリンダー取外し 軽作業 8,640円• ギザギザの鍵とディンプルキーの大きな違いって? ギザギザ鍵のメリットとデメリット ギザギザ鍵とは一般的によく使われている、 鍵本体と鍵穴のギザギザの噛み合わせによって鍵をかけるものです。

4

そのため、合鍵のつくりが元の鍵と微妙にずれてしまっているために、鍵穴に差し込んでも回すことができないケースもあります。 ディンプルキーの『ピン構造』からピッキング耐性を知る 種類 ディンプルキー 刻みキー 理論鍵違い数(目安) 約100億~1,000兆 約100万~1億前後 上記の表のようにディンプルキーは一般的なギザギザの鍵に比べ、「理論鍵違い数」の数が非常に多い点から、防犯性が高いといわれています。 挿入されたディンプルキーにより、下ピンが上ピンを押し上げ、シアライン上に整列します。