副島 隆彦 学問 道場。 副島隆彦氏が鋭くえぐる、今後の世界動向と金・実物資産の動き(1):|NetIB

こうして生み出された預金もまた無から資金を作ることが出来る。

当時極東地域で政治・学問・ジャーナリズムの仕事をするためにはこの組織のメンバーの承認と推薦をとらねばならず、お金もここから出ていたのだという(97ページ)。 ロバート・ゼーリック現・世界銀行総裁 よ。

12

本書の30ページから57ページにかけて、それらの私的組織体がいついかにして作られていったかというあらましが著者のスクーセンの言葉で、「知っておくべき基礎知識として」語られている。

16

その実体がこの内輪での秘密結社で、アーサー王伝説になぞらえた「円卓会議」(英雄ランスロットもキング・アーサーも他の騎士たちも平等に丸い机に付く、の意味から出来た仕組み)なのであろう。

それから、金丸真也氏や、「新聞看点(しんぶんかんてん)のリ・ボクヨウ氏、他、・・・ら、中国系、亡命中国人、台湾系の 系の (だいきげん)Epoch Times の プロの報道陣たち、に感謝する。 。

このことはつまり、アメリカという国家が共産主義の中国を建国したというのではなく、モルガン・ロックフェラーという私企業集団が、アメリカの国益・国家を裏切って、毛沢東率いる共産主義者を支援し、彼らに中国を満州までまるまるポーンと気前よく売り渡したということなのである。 (ロックフェラーは20世紀初頭にチェースなどを買収して銀行家集団に加わった)。

私たちは、そして世界は、この緊迫した事態の下(もと)にある。 (34P、キグリーP52) (引用終わり) 光です。

18