十 四 カ条 の 平和 原則。 14 カ条の平和原則(1918 年)|About THE USA|アメリカンセンターJAPAN

パリ講和会議の基礎となった原則はアメリカの大統領ウィルソンが大戦中に発表した十四カ条(十四カ条の平和原則)であった。

フィンランド• このことについては、全世界が同意してくれる はずである。

17

All French territory should be freed and the invaded portions restored, and the wrong done to France by Prussia in 1871 in the matter of Alsace-Lorraine, which has unsettled the peace of the world for nearly fifty years, should be righted, in order that peace may once more be made secure in the interest of all. 概要 [ ] アメリカは前年3月の参戦によって協商国(連合国)側の勝利を決定づけ、この演説によっての講和原則、ひいては大戦後に実現されるべき国際秩序の構想を全世界に提唱した。 この結果、ヴェルサイユ条約を初めとする一連の講和条約で民族自決原則を適用され独立を認められたのは、旧ドイツやオーストリア・ハンガリー(およびロシア)支配下にあった東欧・中欧諸国のみであった。

それ以降の米国政府が、必ずしもそうした信念を共有していたわけではないが、国内政策だけでなく対外政策においても、道徳性が重要な要素だと信ずるウィルソンに、多くの米大統領が賛成してきた。 もし、ドイツが正義と法と公正なる協議による規約の下に、われわれ及び世界の他の平和愛好諸国と協力しようと欲するならば、われわれは武器を執って戦うことも欲しないし、通商上の敵意ある措置を以て争うことも欲していない。 われわれは、ドイツがかつて示した輝かしい称嘆すべき学問上のあるいは平和的産業の業績その優秀性を妬むものでは決してない。

トルコに属していた中東地域に関しては、大戦中にアラブ人に独立を約束したフセイン=マクマホン協定(1915)とユダヤ人に独立を約束したバルフォア宣言(1917)はともに無視され、イラク・ヨルダン・パレスチナはイギリスの、シリア・レバノンはフランスの委任統治領とされた。 ベルギーから撤退し、同国を復興させなければならない。 そしてここからアメリカという国がめきめきと頭角を現してくるようになる。

3

また、パリ講和会議では、ウィルソンが唱えた十四カ条の平和原則に基づいて、 国際連盟の設立や民族自決の提言などがなされました。 内のトルコ領土の保全、他諸民族の自立的発展の保証• 19世紀後半のこのヨーロッパの国際秩序は『 ビスマルク体制』と呼ばれました。 11)ために参加しなかった。

5

しかし、それに逆らう形で軍人上がりの ムスタファ・ケマルが立ち上がり、ソヴィエトの力を借りて対抗し、打ち破る。

14

われわれが望む のは、ドイツが支配者の地位ではなく、今われわれが住む新しい世界の諸国民の間の平等な場所を受け入 れることである。 しかし、この『ヴェルサイユ体制』は、ドイツへの報復も兼ねながら、新しくできた世界の脅威でもある『ソ連』の社会主義に対抗する国際秩序のための方針だったが、本音は『 先進国の既得権益の維持とドイツ暴走の封印』にあったため、それが許されたのはヨーロッパだけで、アジアの植民地等とは無縁の話だった。 われわれは利害において離れてはならないし、目的において分れてはならない。

1