福岡 マークイズ 犯人。 【マークイズ福岡通り魔】犯人の15歳少年、少年院⇒更生保護施設を脱走後、事件を起こしていた事が判明…少年法いるかこれ?|らころぐ

刃物を持っていたことは認めているものの、詳しい動機については、説明していないとのことです。 福岡市中央区の大型商業施設「MARK IS(マークイズ)福岡ももち」で28日夜に客の女性が刃物で刺されて死亡した事件で、福岡県警は29日、司法解剖の結果、女性の死因を出血性ショックと発表した。

2

匿名ネット掲示板「爆サイ」には、この犯人の15歳少年の実名と、福岡県福岡市中央区在住で実際の年齢は16歳か17歳といった情報が書き込まれ拡散されていますが、証拠となる情報が一切示されていないので信用するに値しないため、ここでは紹介できません。 実際に陳列してるからだって書いてるし この犯人は名前も出して、仮に次出所したとしても しっかり監視を続けてほしいね。 なお、少年は警察の取り調べに包丁2本は施設内で盗んだと供述している事なども発表されています。

2

陳列されている商品を、取ってとばかりに置いといてって草も生えないでしょ。 しかし事件の内容によっては適応する、しないと決めるのもありなのではないでしょうか。 法務省は少年院送致の対象年齢は「おおむね12歳以上」としているため、少年院送致の可能性は十分に考えられますが、成人では一発で実刑判決が下るであろう重大な事件であるだけに、この少年法の在り方についても疑問視されているのも現状です。

14

男は近くにいた警備員に取り押さえられ、銃刀法違反疑いで現行犯逮捕されています。 まさか刺傷事件の場に自分が遭遇するとか考えたこともなかった。 今回の事件でまた、少年法に対しての疑問が浮上してきそうです。

同時に、自分より弱そうな女性を狙った犯行に腸が煮えくり返ります。 捜査関係者によると、少年と吉松さんは面識がなく、現場の血痕の状況などから吉松さんは1階女子トイレで突然刃物で襲われたとみられる。 少年は2本の包丁を所持していましたが、1本はトイレにそのまま残され、もう1本を持って少年はトイレから出て行ったという事です。

少年法について!ネットに実名報道の規制はない ここで、少年法について解説します。 少年法に触れるためここでは詳細を避けるが、 その情報が正しいのであれば、両親が韓国人のため、この少年は在日韓国人の可能性がある。

1

被害者の吉松弥里さんが少年に襲われた時、一緒にいた友人の女性は先にトイレの個室に入り、そこに少年が女子トイレに侵入しまだ個室に入っていなかった吉松弥里さんを襲ったとみられています。 「刃物を持った人がいる。

10

従って在日韓国人の犯罪率や具体的な詳細は不明。

その後、通報によって駆けつけた福岡県警の警察官によって犯人の少年は銃刀法違反容疑で現行犯逮捕されました。

1