やっぱり ステーキ 南 森町。 東京進出「やっぱり」行列 吉祥寺店初日、替え肉注文も相次ぐ

テークアウトの分、少し売り上げ伸びている店もある。

6

その分出店費用が抑えられる。

12

スープ・サラダ・ごはん食べ放題 このようにガッツリ系です。 店内は35席あるが、新型コロナウイルス対策で半数ほどに抑えて客を案内。

13

1000円で肉が食べられる「やっぱりステーキ」のサラダ、スープのコーナーと比べると数倍、いや数十倍豪華なサラダバーだが、サラダやデザートだけでこの価格では正直高め。

4

内訳は原価率50%弱、人件費率は20%以下。

開け方は各エリアで工夫していた。 地方発の繁盛店が東京へ進出することには「満を持して」という冠がつくが、「やっぱりステーキ」の場合は、このようなセオリーとは少し異なるようだ。 一番気になるのは「いきなり!ステーキ」の現況だ。

14

開店を聞きつけたファンや近所の住民らで開店前から行列ができた。 「ガスト」は熟成赤身ロースステーキ(150g)が949円、「ブロンコビリー」はウルグアイ産炭焼き超厚切り熟成サーロインステーキ(150g)が1480円、「宮」は宮ロースカット(125g)が1280円(店舗によって価格が異なる場合あり)と、いずれの店もリーズナブルなものは1500円以下。 。

18