クロベタゾン 酪酸 エステル 軟膏。 医療用医薬品一覧

) 同じ薬でも人により効果が異なったり、軟膏・クリームなど種類によっても異なることがあります。

5

免疫は身体にとって非常に重要なシステムですが、時にこの免疫反応が過剰となってしまい身体を傷付けることがあります。

クロベタゾン酪酸エステル軟膏はニキビにはあまり使用しない ニキビに対しては基本的にはクロベタゾン酪酸エステル軟膏の効能には含まれません。 ベトネベート• 4).下垂体・副腎皮質系機能:下垂体・副腎皮質系機能抑制[大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)により、現れることがあり、大量又は長期にわたる広範囲の使用において、投与中止、密封法(ODT)において、投与中止により急性副腎皮質機能不全に陥る危険性があるため、投与を中止する際は患者の状態を観察しながら徐々に減量する]。

クロベタゾン酪酸エステル軟膏という名称で販売されているものとして、クロベタゾン酪酸エステル軟膏0.05%「テイコク」、クロベタゾン酪酸エステル軟膏0.05%「YD」などの種類がありますが、製薬会社が異なるものの、有効成分は同じであり、同等の効果が期待できます。

7

外用のステロイド剤(塗り薬)は、体内への吸収度の違いにより、5段階に分けられます。 このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。 【禁忌】 次の場合には使用しないこと• 誤って多く使用した場合は医師または薬剤師に相談してください。

1

レダコート ランクV 群:weak(弱い) 一般的な使い方 ステロイド成分は体に吸収されにくいものの、含まれる量は多いので安心できない。 12%• クロベタゾン酪酸エステル軟膏の効能効果の詳細は以下の通りです。 O…Ointment(軟膏)、C…Cream(クリーム)、L…Lotion(ローション) ランク 一般名 主な商品名 一般的な使い方 I 群 strongest (最も強力)• 炎症を抑えたい• 3%「ラクール」 血行促進・皮膚保湿剤 ヘパリン類似物質 ヘパリン類似物質ローション0. 塗り忘れた場合は、気がついた時にできるだけ早く1回分を塗ってください。

6