ダリナ シュペングラー。 ダリナ シュペングラー

— ヴィエンナ ViennaDoLL 好きな人とクリスマス VS クリぼっち。 のちに医師から、娘が先天性の希少疾患である症候群を患っていると説明を受けました。 2016年半ばにその独創的な抗議活動から、ピョートルは ヴァーツラフ・ハヴェル人権賞を人権団体から授与さられました。

口部分が大きく裂けて顎がなく、開いた口は常に出血しているという深刻な障がいを持って生まれたロシア在住の女児(6歳)が今年8月、多くの人の支援を受けてイギリスへ渡り、下顎の形成手術を受けた。 私たちにとっては娘はそのままで十分に可愛いのですから!」 ダリナが3歳を迎えると両親は寄付を募るキャンペーンを立ち上げ、公的支援を求めることにしました。

口部分が大きく裂け顎がなく、開いた口は常に出血しているという深刻な遺伝的障がいを持って生まれた女児。

14

— ヴィエンナ ViennaDoLL 真夏の理想 VS 現実。

12

出産後、すぐに異変に気付いたエレナさんは我が子に会いたいと看護師に伝え、保育器に寝かされたダリナちゃんを見て思わず目の前が真っ暗になり気絶してしまったという。 ショックのあまり気を失ったヘレナは、蘇生室で意識を取り戻しました。

6

ロンドンに向かう前は1歳児の平均とほぼ同じ11キロほどの体重しかなかったダリナちゃんだが、手術に耐えられる13キロまで体重を増やして入念な準備を重ね、8月15日に手術が行われた。

8

パレストリーナは失意に陥り、一時期は僧侶になることも考えたようであるが、裕福な毛皮商の未亡人と再婚した。

下顎が形成され初めて笑う 私たちにとっては娘はそのままで十分に可愛いのですから!」 ダリナが3歳を迎えると両親は寄付を募るキャンペーンを立ち上げ、公的支援を求めることにしました。 エレナさんは6年前のことをこう振り返っている。