リモート デスクトップ vpn。 【図解】リモートアクセスの仕組みとは?VPNやリモートデスクトップもわかりやすく解説

最大の特徴は、社内にVPNを構築しなくても良いという点です。 メリット ・オフィスの家賃や水道光熱費などの固定費が節約できる ・社員の「ワーク・ライフ・バランス」(仕事と生活の調和)が改善し余裕が生まれる ・対面での業務、長時間通勤など心身のストレスを軽減できる ・感染症予防につながる デメリット(カッコ内は解消方法の例) ・十分なコミュニケーションの確保が難しい(ビデオや音声通話、画面共有などの導入) ・仕事と生活の区切りが難しい(社内規程の見直し) ・適切な自己申告などの人事管理が難しい(人事評価制度の見直し) ・気分転換がうまくできず運動不足になりがち(メンタルヘルスのオンラインチェックなど) 自社に合ったサービスを利用しましょう! 業務内容や予算が異なるため、リモートアクセスの重要性は企業により異なります。 接続情報の管理ができ、複数マシンへの接続・操作がしやすいフリーソフトです。

6

2、会社側のVPNルーター(VPNサーバー) 会社側では、VPN対応のルーターあるいはVPNサーバーなどVPN機能を用意します。 リモートデスクトップを用いた作業は、あくまでも社内PCを遠隔操作して行なうため、自宅のPCなどの端末処理能力は関係ありません。

17

遠隔地からでも距離に関係なく、同じコストで利用できます。 リモートデスクトップ機能では、VPNの回線を行き来するのはビジュアルのパケットだけで済みます。 VPN接続では、『トンネリング』と呼ばれる方式で、端末間の回線に仮想私設空間が設けられます。

不特定多数の人が利用しているインターネット環境とは一線を画した閉ざされたネットワークのようなイメージです。 起動設定がすでに「自動」になっている場合には、こうした手順は必要ありません。 リモートアクセスツールは社内ネットワークに接続し、直接社内システムにアクセスしてシステムやファイル等を操作します。

18

また、複数の接続先があるような場合には、Tech TIPS「」を参考にデスクトップにショートカットなどを用意しておくと便利だ。

4

コスト削減 コストの削減につながることもリモートデスクトップのメリットです。 リモートデスクトップでは、ホストのPCを操作することになるため、重要なデータを社外に出すことなく操作することが可能です。

13

『このコンピュータへのリモート接続を許可する』を選択• おおまかにはグループを作成し、所属するグループ毎に権限を指定しています。 つなぐ場所はオフィス内、自宅さらには外出先などがあります。

6

リモートアクセスの際には、正しくルーターを通過してパソコンにたどりつけるよう設定が必要です。 2、リモートデスクトップが向いているケース リモートデスクトップが向いているケースは、主に以下の2ケースです。 管理者の負担が少ない 管理者の負担が少なくなることもメリットです。

また、VPNを利用することで専用線に比べてのメリットもあります。 MacPC 社内PCがWindows 10 Proの場合、Macの「App Store」からリモートデスクトップアプリをインストールし、接続する PC の名前を追加。

2