五日市 街道。 五日市街道

旧道 [編集 ] 街道は都道7号とほぼ一致しているが、都道の一部は新道に変更された区間が存在している。 このあたり誠にめまぐるしく、左右に曲りながら進んで来た。

概要 [編集 ] の入府後、(現・)やから木材・炭などを運ぶために整備された街道。 初期には「伊奈道」と呼ばれ、伊奈(五日市より少し東にある集落)の石材を扱っていた石工が修築のため江戸へ行き来するための道として発展したが、修築が終わり木炭輸送が主流になるにつれ伊奈と五日市の重要性が逆転した。 武蔵野台地は、昔は、水不足が最大の課題で、「逃げ水の里」という呼び名や「まいまいず(蝸牛)の井戸」と呼ばれるらせん状に掘った井戸が各地にあったようだ。

15

さらに道筋の寺院をはじめ、残された石仏や供養塔にこの地に住んだ古人の篤い信仰心を知ることができます。

9

北宿の面影を求めて北側にも行ってみた。 六左衛門 関連ランキング:焼き鳥 鷹の台駅、恋ケ窪駅. この道標は、井の頭の弁天様へお参りする人のために建てられたものとか 少し先の右側に成蹊学園があり、入口の見事な ケヤキ並木は市の天然記念物に指定されている。

2

都内にしては緑も豊富で、歩いてよかったと思える街道だった。 ・ 小中野 の 子生(こやす)神社 まで行き、その前にある黒茶屋で夕食にした。 ここで、無事、難所「尾崎の七曲り」が終わります。

12

関連項目 [ ]• 尾崎の七曲り略図 尾崎橋際画 尾崎の七曲り略図 五日市街道は略図の左方向は馬橋おんだしで青梅街道に合し、新宿方面に向かいます。 目当ては、市登録文化財の 道標 を兼ねた 一石一字塔 だ。 その入口に郷土の偉人として、 田中丘隅 (きゅうぐ)が紹介されていた。

7

第五ゲートから多摩川へ向けて下る。

1