ポケモン うまく 戦える か 不安 そう。 2006年、ぼくらはポケモンをめちゃくちゃに壊してしまったーー『ダイパ』とDSに刻まれた“あの日の熱狂”|Real Sound|リアルサウンド テック

ヌオーがいない場合の受け回しに対して非常に強く、と組み合わせることでヌオー入り含むほとんどの受け回し構築をつぶすことができる。 ほとんどの受け構築はとの2体で崩しきることができるので、対受け構築の勝率はかなり良かった。

2

サブウェポンが貧相がちだが合計種族値は悪くなく、無駄も少ない。 襷持ちなので殴る、麻痺させる、特攻を下げると何かしら役割を果たした上で後続につなげてくれる。

10

ある! これはあくまで個人の考えだけれど、トリル始動要員は素早さが遅すぎては使いづらいと思っている。

4

読み外すと試合が終わるため、自分の経験と勘をどこまで信じるか。

16

いずれにせよ、ゲームフリークが『Pokemon LEGENDS アルセウス』という挑戦に挑むことは高く評価したい。 この並びは相手への詰ませるというプレッシャーが強く使いやすかった。

影うちで黒バドを常に縛れる点が優秀なのと、ゼルネアスに対して圧倒的な切り返し性能を持っていることから火力特化のトリル型で使用。 あのとき、普通なら見逃してしまう些細なNPCの台詞さえも愉快に思えたし、その時の感情を友と共有するだけで時間が過ぎていった。

7