ナルト サスケ 腕。 ナルトvsサスケで両者利き腕を失いましたが、ナルトの腕は柱間...

小説『NARUTO-ナルト- 迅雷伝 狼の哭く日』ではイタチの真実について知るための旅を行っている様子が描かれており、時系列は万華鏡写輪眼を開眼した直後となっている。 うちはの兄弟 鉢合わせた白ゼツの集団を須佐能乎で一蹴した直後、近場の森から鳥の群れが飛び立つのを見て、何者かが森の中を突っ切って向かってきていることを察知。

19

六道仙術に目覚めたナルトと共に再度マダラに挑み、次いで現れた大筒木カグヤと相まみえる。

14

これを止めようとするナルト達は、シカマル率いる「サスケ奪還小隊」に配属され、追撃に出る。 三大瞳術の一つであり、一族特有の瞳術である写輪眼を受け継ぐ木ノ葉で最も強い伝説の「うちは一族」の末裔。

8

モモシキ戦後は大筒木の次なる動向に警戒しつつも、ボルトの右掌に現れた「楔」の印を含め調査を続けていた。

19

サスケは、うちは一族で唯一の生き残りになってしまい敬遠されていた自分と、九尾の人柱力とされて里の人々から嫌われ孤独となっていたナルトを重ねていた。 両目に白眼を所持しており、威圧感は相当なもので上位にランクインしているのも頷けます。

6

カカシは左目の万華鏡写輪眼で対処するが、ダンゾウと同じようにカカシが一族の眼を利用している姿を見たサスケは不愉快そうに吐き捨てる。 イタチを動かしていたものが自分にはわからない。 終戦後、「無限月読」を解除した功績と第四次忍界大戦終結の功労者となったナルトや六代目火影に就任したカカシの嘆願もあって、恩赦が認められた(『疾風伝』では戦争終結後に服役している描写が成された。

ゆえにこそ闇に囚われた一族。 万華鏡写輪眼を開眼する条件として彼が告げたのは「もっとも親しい友を殺すこと」。

オレの火影は繋がりを切り、一人になって完成する」 「オレにとってあいつは……もっとも親しい友のままでいるからだ」 2人の戦いは熾烈を極め、お互いの全力の技の応酬は谷の地形を変えるほどの凄まじい規模だった。 全てを背負い込みたった一人で里のために犠牲になった兄を、憎しみのままに自分が死なせてしまった。

19

これも事実だ」 イタチは己の欲でうちはを滅ぼしたのではなく、里からそうするように命じられたのだ、と。 そんなタイミングで火の国が揺らげば、間違いなく他国は攻め込んでくる。

14