米津 感電 歌詞。 感電 米津玄師 歌詞情報

「何か足りない気分」は、満たされない感情と犯人特定に至る情報の欠如を指すと解釈しました。

3

そんな風にやりあっても、 ちゃんと分かり合えている2人。 これまでの楽曲ではそれこそ 『でしょましょ』の 「異常な世界で凡に生きるのがとても難しい 令月にして風和らぎ まあまあ踊りましょ」という歌詞に代表されるように、周りと一緒でありたくないと感じているものの実際にやることとしては呑気に踊る事ぐらいのものでした。 モヤモヤしている状況に開き直ってすらいる様子。

2

場合によってはかなり激しく、端から見ればまるで喧嘩。

12

感電は外的要因からもたらされ、 感電した人に接触した人も感電します。

(中略) 例えば正義心だとか義憤っていうものの皮を被って自らの後ろ暗い欲求を正当化しようとするその大きな流れを見た時に、俺はこれに加担したくないと思ったんですよね。 それは、 これまでの楽曲のどこか退廃的で享楽的な雰囲気が打ち破られているというところです。

喧嘩がしたいわけではなくお互いのことをもっと知り合って絆を深めていきたいと。 しかし刑事ものであれば、警察内部がドロドロしてくる設定は付き物です。

20

冒頭の歌詞からは原因不明のフラストレーションや現状に対するもどかしさのようなものを感じました。

16

しかし幸せは 「追いかけると見失ってしまう」という性質を持ち合わせています。 さて、考察に入る前に同ドラマを簡単に紹介しておきましょう。

15