キャリア パスポート。 今年から導入された「キャリア・パスポート」とは。子ども自身がキャリアを描くという意識が重要です。

(2)「概要」をクリックすると、「ノートの紹介」をダウンロードできます。

「アクティブ・ラーニング」という言葉を知っていますか? 直訳すると「能動的学習」などと表現されますが、近年、日本でも大きな注目を集め. 県教育委員会では、県内の学校において「キャリア・パスポート」が活用されるよう、『和歌山県「キャリア・パスポート」』及び『和歌山県「キャリア・パスポート」の活用について』を作成しました。

ありのままの自分を正確に理解できる能力がないと、キャリア・パスポートを効果的に活用することもできなくなるため、 教職員が子供の自己理解を手助けすることも重要な課題の一つです。 ふるさと• 適当なフォルダに「保存」してください。

15

「プランプラン キャリア・パスポート」を活用しましょう 上記のような課題点等を解決するためにも「」を活用してみてはいかがでしょうか? 「」は、文部科学省の例示資料に準拠したシステムで、更なる教職員の方々の作業負荷を軽減するために開発されました。

4

授業や学校行事などで心に残ったこと、自分が成長できたことを記入し、学期や年度ごとに振り返れるようになっています。

12

小学校 和歌山県「キャリア・パスポート」• 7 高全 進路発見 ノート 夢に一歩近づこう。 キャリア・パスポートは各地域・学校で作成することになっていますが、小中高校が連携して作成するには負担が掛かります。

10