せ やろ がい おじさん と は。 偽りの共生:せやろがいおじさんが退治を訴える「やばい鬼」 日本の入管行政

いろいろ批判もしますが、最終的なベクトルは視聴者に向けることを意識していて。 僕が気になっている世の中のことを、普段読書の習慣がない方でも気軽に読めるものにしようと。 榎森さんといえば、エメラルドグリーンの沖縄の海を背景に、赤いふんどし姿で時事問題を斬るスタイルが人気だが、4月中にも国会審議が始まるとみられる入管法改正案の問題点を、3月の配信で初めて取り上げた。

9

本人に尋ねてみました。 いろいろなアプローチの一つとして、動画でキャッチーに、というのは良いなあと思います。

Yahooニュースは注目度の高いプラットフォームです。 池田公博(京都大学教授)• Yahooニュース個人の無料記事は、ときとしてヤフトピに載ることもあります。

20

有料にして「鍵」をかけることで、書く内容の幅を広げたいと考えます。

16

それを経て行動を改めるための議論を始めないと、と思っているので、まず僕が自身の加害性を認めつつ顧みる存在として機能したいなと。

8

これは、Yahooニュース個人の他のオーサーさんも同じ思いでいらっしゃることと思います 広く知ってもらうことだけを目標にすれば、有料記事ではなく無料記事で良いはずです。 被害者の中には、実際に「警察に届けたけれど、暴力や脅迫を立証できないから難しいと言われた」という人がいます。 息苦しい思いをしている人たちって構造を作らないといけないと思うんですよ。

11

考えて行動して嫌われたら「しゃあないな」って思えるけれど、自分のマズい点に気づいた時の方が落ち込むじゃないですか。 他の国はどうかというと、カナダ・イギリス・フィンランドでは16歳、フランス・スウェーデンでは15歳、ドイツ・台湾は14歳。 だけど、僕も含め、多くの男性はそんなことを感じずに生きていける。

12