イチジク の 育て 方。 プロ解説!イチジクの育て方|剪定・収穫方法など | ガジェット通信 GetNews

さらに保水力がないと、イチジクの根は浅いので、充分に水分補給できないまま土が乾いてしまうことに・・・。

9

特にイチジクの取り扱い品種は豊富です。 忌地とは、同じ場所に同じ種類の植物を植えると育ちが悪くなるということ。

18

果樹のなかでも、最も古い部類に属しています。

12

いちじくの肥料・追肥 イチジクは新梢を伸ばしていきながら実をつけるため、生長のために肥料が多く必要になってきます。 収穫方法 イチジクは木の下についている実から順に熟していきます。 耐寒性に優れた品種もあるので、栽培地域の気温によって育てやすい品種を選ぶと良いでしょう。

カミキリムシは幼虫が枝や幹の中へと侵入して、木全体を枯れさせていってしまうことがあります。 比較的寒さに強い品種ですが、冬場は日当たりの良い暖かい場所に移動させたほうが無難でしょう。

14

水はけのよい土壌で育ちます• そのため、夏果の一般家庭での栽培はあまり向いているとは言えず、流通している苗も、秋果や兼用品種が多いです。 先端にある芽を残し、他を取り除くことで、1番下の葉に近いところから果実が実り、栄養の行き届いた甘いいちじくになります。 「桝井ドーフィン」は、実つきがよく育てやすいのですが、寒さに弱く、冬は室内に入れる必要が。

1

剪定 植え付けから1年目の冬 主枝を3~4本程度残し、他はすべて先端を切り詰めます。 市販されている用土ではなく、庭土などを利用する場合、土が粘土質なものであれば、川砂などを混ぜることで、栽培条件にあった土を作ることが出来ます。