ヒロ アカ ワン フォー オール。 ワン・フォー・オール (わんふぉーおーる)とは【ピクシブ百科事典】

第14位:黒霧 出典:『僕のヒーローアカデミア』第6巻 黒霧は敵連合で死柄木の右腕のような立場にある男です。 バトルはや、麗日お茶子らお馴染みのヒーローたちやや死柄木弔などのヴィランの中からメインとなる3人とサブの2人のプレイキャラクターとゲーム描きおろしイラストで描かれる装備品「メモリー」をセットし、通常攻撃、スキル、必殺技を選択して戦うコマンドバトルタイプ。 自分の個性についても敵についても、分析して予測を立てて戦うやり方は個性を失ってからの戦いでも活かされており、彼の強みは「個性」ではなくサー・ナイトアイのもとで培った技術と経験だということがうかがえます。

6

犯罪が100%増加していくから、ここから、そんなに犯罪者は、そんなに逝かれてはいない。

18

チェイン中はタイミングよく画面をタップすることで強力なスマッシュショットが発生するちょっとしたアクション要素や、ヒーローそれぞれの個性的な必殺技にはアニメーションが用意されているなど、動きのあるバトルが楽しめる。 実際彼は個性を失って尚、オーバーホールと玄野を相手に5分間も戦い続けました。 そして再びデクはワンフォーオールの意志の世界に入り先代と出会ったとこで終了。

1

第7位:オーバーホール(治崎廻) 出典:『僕のヒーローアカデミア』第14巻 オーバーホールは極道「死穢八斎會」の若頭です。 さらには仮免試験では父・エンデヴァーと轟を嫌う夜嵐からの敵意に惑わされ試験に集中できなくなるなど、精神的にも未熟なことが分かります。 その能力は、『 力をストックし、別の人間に譲渡する』。

地上で全身に個性を発動すると地中へとすり抜け、地中で個性を解除すると地上へと弾かれるのを利用し、体制を変えて方向転換することで高速移動が可能です。 もっとも、この個性の複数所持が、出久や味方にばかりトラブルを起こす迷惑要素とはいいきれない部分があり(形はどうあれ)として働くこともある模様。 第3位:エンデヴァー(轟炎司) 出典:『僕のヒーローアカデミア』第7巻 エンデヴァーはオールマイトに次ぐNo. 6代目 煙(えん) 黒髪、タートルネックのようなコスチュームに身を纏う継承者。

14

轟と少し戦っただけで彼の弱点を見抜き指摘するなど、観察力や分析力にも優れています。

11

デクに継承されるまでは8名の継承者がおり、 オールマイトはもともと無個性だったため、ワンフォーオール+6名の個性=計7名分の個性が引き継がれるということですね。

今までの"OFA"とは明らかにかけ離れたこの現象に、出久は対戦相手のB組に警告を発しながら"OFA"の暴走を止めようと必死になるが、オールマイト以外の人間からはそもそも異常事態が起こっているとも認識されず、"OFA"の暴走は止まらずに心身ともに出久を追い詰めていく。

14

木をつたって走りながら、ヒーロー科の生徒を引き離すという身体能力の高さも見せています。 鳥の形状をしたモンスターっぽいものをその身に宿しているという非常に珍しいものです。

14