春日 局 明智 光秀。 斎藤利三(明智五宿老)とは?正室や後妻・子の春日の局についても

夫が主君を裏切ったことで浪人の身となり、服は京の母のもとへ逃げます。 本物の光秀は比叡山へ では本物の光秀は?というと、「比叡山に逃げ落ちた」という説が出てくるのです。

4

【将来の将軍である家光の乳母へ】 齋藤福は、将軍家の乳母へあがるため、 夫の稲葉正成と離婚する形をとりました。

まとめ 結局のところ、天海が光秀だったかどうかは「謎」のようです。 本物の光秀は比叡山へ では本物の光秀は?というと、「比叡山に逃げ落ちた」という説が出てくるのです。

8

でも本当は家康は自分が亡くなったら「久能山」に埋葬してほしいという遺言を残していた話もあり、それを日光に変えたのは天海僧正の意見だったりもするらしいので、やっぱり天海僧正と光秀が同一人物説も捨てきれない気がなんだかしてしまいます。 天海僧正とは 天海は、 南光坊天海という天台宗の僧。

2

ちなみに光秀の首実検はキチンとされておらず、実際光秀本人だったのかどうか、わからなかったらしいです。

鐘に刻まれた「国家安康」という文字に対して家康の名前の間に文字を入れたことで分断を意味しているなどの無茶な難癖をつけ、これがきっかけで戦争をしかけられ翌年に豊臣家は滅亡。 焼き討ちの首謀者として比叡山から嫌われていると推測できるが、誰が「光秀」の名前で寄進したのか?それは天海ではないか?という謎である。

ただし、近年では、松波氏の子が一代で斎藤道三になったのではなく、父子二代(油屋から長井家相続までは道三の父)で美濃を制覇したという説が有力である。 桔梗紋の家紋は明智家だけではないがなぜその紋を使ったのかが不思議である。

そこに謀反絡みの者を選ぶ家康の心とはどんなものだったのでしょうか…。 ただ、 理不尽な理由で自分の家臣に切腹命令が出ていたとしたら、家臣想いの明智光秀は何かしらのアクションを起こしていたのでは?と私は思います。 しかし稲葉一鉄と仲が悪くなり明智光秀の家臣になりました。

8

まとめ 結局のところ、天海が光秀だったかどうかは「謎」のようです。

18