歴代バラエティ視聴率ランキング。 歴代バラエティ番組の「最高視聴率」ランキング!

近年は、日本人のテレビ離れが進んでいます。 6% 行列のできる法律相談所は 現在でも放送が続く 法律トークバラエティ番組です。 0%でした。

0% 3位:ダウンタウンのごっつええ感じ(フジテレビ) 20. これで各局はコスト削減を迫られた。

9

人気アイドルグループ・V6が出演していた「学校へ行こう!」は、1997年から2005年まで放送されていた学校教育バラエティ番組で、全盛期には20%を越える視聴率を記録し、TBSの看板番組になりました。 ビデオリサーチ関東地区のデータによれば、月~木の4日間の個人視聴率は、トップが『モーニングショー』だった。 これは、連合赤軍が軽井沢の浅間山荘に人質をとって立てこもった事件であり、機動隊との激しい抗争が連日テレビで中継されていました。

11

3位:欽ドン!良い子悪い子普通の子 放送日:1982年7月26日(月) テレビ局:フジテレビ 最高視聴率:38. そして2014年12月29日~2015年1月4日の週間平均視聴率で、ゴールデン・プライム2部門でフジテレビを上回り、更に2015年1月4日は全日も含めた3部門全てでフジテレビを上回ったこともあります。

10

8時だョ!全員集合が終了した後、 加藤茶さんと志村けんさんを 出したいという TBSの意向で企画された番組です。 そこで今回は、10代から40代の男女を対象に「もう一度放送してほしい歴代高視聴率バラエティ番組」についてアンケート調査を行い、結果をもとにランキング化しました。

全員集合」も高視聴率を記録しています。

2

他の民放局でも同様の傾向は見られますが、フジテレビはそれが顕著で、入社以前に何らかの芸能活動を経験しているアナウンサーも多数在籍している点が特徴です。 40%と、再放送される度に視聴率が増えるという、普通では考えられない推移を記録しています(詳しくはの後半を参照)。

4