フロロー 判事。 悪役フロローを解説!映画『ノートルダムの鐘』での描かれ方とパークで会えるイケメンフロロー

『ノートルダムの石像があなたの罪を見ている!自分で育てるんだ』と司祭様に告げられ、フロローは神の怒りに恐れをなし『このノートルダムの鐘つき堂にすまわせてやる』と言い放ちます。 彼は、フロローの厳格な教育の下で、大聖堂の外に出ることを決して許されず、友人は三人組の石像だけだった。

17

ジプシーであったカジモドの母を死に追いやり、赤子のカジモドもその顔の醜さから井戸に捨てて殺そうとしたが、司祭に咎められたことにより、大聖堂の鐘楼に20年間閉じ込め、鐘衝きとして育てる。 司祭を振り切り、 フロローは単独で大聖堂へ乗り込み、エスメラルダとカジモドを殺そうとします。

6

また、本作のヒロインでジプシーのエスメラルダにセクハラをしたり、平気で人を殺すなどフロローの残忍さはディズニーヴィランズ一とも言われるほど。

彼らは通常、カジモドの前でしか動かない。 私が閣下にお会いできたのもかなりラッキーです…。

14

ドイツ語に翻訳したのは。 2018年4月8日 - 8月28日:(横浜初演)• グリが始まる20分30分前くらいから待機列を発見しておきたいですね。

14

人々は、カジモドに賛美の声を挙げる。

- (英語)• ユーゴーは、ふとっちょでひょうきんもの。

17