竹 取 物語 かぐや 姫 の 昇天 品詞 分解。 竹取物語 現代語訳つき朗読|かぐや姫、みかどの召(め)しに応ぜず昇天す

おぼしき=シク活用の形容詞「おぼし」の連体形、思われる、見受けられる まうで来(こ)=カ変動詞「まうで来(く)」の命令形、「来」の謙譲語、動作の対象である王とおぼしき人を敬っている。

英語で言う助動詞「canやwill」みたいなもの。 脱ぎ置く衣を、形見と見 給へ。

8

え=副詞、下に打消の表現を伴って「~できない」 おはします=サ行四段動詞「おはします」の終止形。

『竹取物語』出生の秘密は意外にも、日本人の手になる物語か否かということを越えて、ニッポン文化そのものの奥行きに関する問題を孕んでいる。

2

過ぎ別れ ぬること、返す返す 本意(ほい)なく こそ おぼえ 侍れ。 最後の「燕の子安貝」は、『斑竹姑娘』では「燕の巣にある金の卵」となっている。

妻どいの初めのところでは「年七十」とあり、昇天前の部分には「五十」とある(ここには「かぐや姫を育てて二十余年」ともあり、さすれば「翁」は三十歳前にかぐや姫に出会ったことになる)。 聖なる者は籠もりながら、何かに被い包まれて現れる。 中将に天人取りて伝ふ。

19

わが国へ、『今昔物語』型「竹取物語」と『竹取物語』型「竹取物語」がいつ頃いかなる形で漂着したのかは分からない。 動作の主体であるかぐや姫を敬っている。

1

読点の直前に「をにばばどもが」の文字のどれかがあれば主語が変わるかもしれないと思えばよい。 物語中のこき下ろしぶりから、『竹取物語』の作者は反天武朝政権派の誰かだ、と言われてきた。 」と言う。

17

完了・強意の助動詞「つ・ぬ」の直後に推量系統の助動詞(む・べし・らむ・まし)などが来ている時には、強意の意味で使われる。 係り結び。

2