婦人 公論。 婦人公論

」』は掲載されておりません。 彼には、戦争をかいくぐってきた人の、強靭な静かさがあった。 明るいイメージの二人ですが、対談ではネガティブな一面を明かし、東は「『ポジティブ』という言葉に縛られすぎてしまうのは、ちょっと怖い気がするの。

2

そんな自分の視野の狭さに気づかせてくれた「婦人公論」との出会いに感謝です。 三浦愛佳:2018年 - 掲載作品 [ ] 小説・エッセイ [ ]• 木内高音:1943年 - 1944年• このたび、88年の人生を振り返る自伝を上梓した岸惠子さん。 まず、年を取ると物忘れが激しくなるというイメージについて。

横山恵子:2014年 - 2018年• 湯川龍造:1937年 - 1942年• getElementById "bdExpanderIcon". when 'jQuery', 'book-description-config'. また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

4

けれど、書いた文章を幾度も読み返す癖があって、その度に手を入れたり、書き直したりするので捗らない。

「婦人公論」2021年7月13日号(中央公論新社) 「婦人公論」(中央公論新社)の7月13日号が発売になりました。

19

次は、読み物「老いへの偏見に縛られていませんか 物忘れが増えても、幸福度は下がらない」。 増本氏は「最も記憶力がいいとされる20歳前後の若者でも、ごくあたりまえに物忘れをしている」と言い、「過度に不安を抱く必要もありません」とホッとさせてくれます。 松田利彬:1980年 - 1983年• 山本英吉:1953年 - 1957年• 勉強になります。

14

結婚に伴い渡仏、女優業に邁進しながら国際ジャーナリストとしても活躍するその生き方は常に情熱的。 :1951年 - 1953年• やはり厳しい数字が出ていますが、さらに厳しいのがコメントの中身です。

16

手数料230円。 嶋中雄作:1916年 - 1927年• 『滅びゆく琉球女の手記』1932年6月号• それなら一緒になればいい」(68歳・パート・既婚)と投げやり風味なものが。 笹原金次郎:1965年 - 1967年• 「婦人公論」2月24日号(中央公論社) 「婦人公論」(中央公論社)2月24日号の特集は「人づきあいは『心地よく』がいい」。

これは実用記事が多かった同時代の『』(1917年創刊)、『』(1905年創刊)、『』(1920年10月創刊)と比べ、ひときわ異彩を放っていた。 結婚反対派に「まだ生業(生きていく手立て)を持たないのになぜ結婚できると思うのか」(59歳・自営業・既婚)、「言葉は悪いが、学生の身分で結婚を前提につきあうこと自体が詐欺のように思えてならない」(61歳・無職・既婚)など辛口すぎるコメントがあるのはもちろんのこと、賛成派にも「お二人が別々に生きたとしても、やはり色眼鏡で見られると思う。

3