金 本 知憲。 金本知憲

は全12球団からを放つ偉業を達成(ただしは除く)し、左打者が不利といわれるが本拠地であるものの、自己最高のを放つ。

18

との対談で明かしたところによれば、たとえに行っても長の移動や少ない食事量からすぐに痩せてしまいついていけなくなるだろう、とわかっていたために、挑戦は全く考えていなかった。 に前年まで不動の4番だった江藤がでへ移籍したことで、3番・緒方、4番・前田、5番・金本の新クリーンアップが組まれるが、シーズン中盤から怪我で戦線離脱した前田に代わり4番に抜擢される。 しかし、球団は厳しい財政事情から再契約金高騰の前例が作られることを懸念してFA権を行使しての残留は認めない方針を曲げなかったため、最終的にFA権利を行使して移籍することとなった。

804 135 576 502 84 147 21 2 34 274 94 10 3 0 1 70 1 3 92 3. 初盗塁:1994年6月1日、対阪神タイガース8回戦()、8回表に二盗(投手:、捕手:) 節目の記録• 阪神の金本監督は 在日韓国人だといわれていますが、それが事実であると確認出来るソースなどがあれば教えてください。 初本塁打・初打点:1993年9月4日、対21回戦()、8回表にの代打として出場、から右越ソロ• 2021-07-09 15:06:20 新しく作成された記事• 02年オフに権を行使して、阪神タイガースへした。

11

、2010年4月18日付ウェブ記事(リンク先は、インターネットアーカイブ2010年4月21日付保存キャッシュ)。

6

しかし、金本政権下では初出場となったクライマックスシリーズにおいて3位横浜DeNAと対戦し1勝2敗で1stステージ敗退となった。 しかし2009年に家族と別居しているということが報道されます。 、監督として初めて臨んだでは、・の交渉権をめぐってと競合抽選となり、一度はヤクルト監督のが交渉権を引き当てたかに思われたが、直後に当たりくじを引いたのは金本のほうであったことがわかり、壇上でのインタビューで「ビデオ判定でホームランに覆った心境」と話した。

16

は開幕から若手選手が結果を残せず、この年獲得した大砲候補であったも全く結果を残せず極度の貧打に悩まされ、また投手陣も前年ほどの安定感が見られず、9月下旬までは何とかCS出場権争いに加わっていたものの、雨天中止の多さによる日程の厳しさや絶好調であった北條や糸井らの故障離脱もあり大失速し、17年ぶりの最下位になった。

6

公式戦初出場は4年の対阪神戦。

14