ハイキュー bl 小説 松花。 ハイキュー bl小説 松花 4

息が浅い。

こんな俺でごめんね。

9

「酷いよねぇ。 「…え、」 「だから!おまえにこれ買うために花巻と出かけてたっつってんだろボゲェ!」 目の前に差し出された箱に目をぱちくりさせると、岩ちゃんは顔を真っ赤にしながら顔を背けた。 俺だって分かんないことあるんだからさ。

13

忘れていた、お互いが別の人間であることを。 」 流石にこの言葉の意味はわからない。

13

初々しい恋をテーマに、恋愛に不慣れな牛島のいろんな葛藤を思う存分に詰め込みました。 聞き耳を立てた俺は絶句した。

15

…いや、声は聞こえても内容が頭に入ってこないというほうが正しいかな?もう本当に、目の前の俺の恋人が可愛すぎるからさ。 花が泣かない代わりに、俺が泣いてやる。 あいつはただのチームメイトだ。

7