ホンダ ヒート。 壁紙

Hondaパワーユニットはダブル表彰台に加え、モナコGPに続き1992年以来の連勝を果たしました。

11

ホンダヒートの今後の活躍がどうなるか期待の声もたくさんあります。 2020年~2021年度の選手はどんな人達? 2020年~2021年度、ホンダヒートに新しく加わった選手は次の13名です。 (元7人制日本代表)• しかし、では、またしても自動降格となった。

6

Hondaは1991年以来の4連勝を果たし、Red Bull Racingとの通算10勝目を挙げる 6月27日(日)シュタイアーマルクGPの決勝は、マックス・フェルスタッペンが圧倒的なペースを見せて優勝。

5

かつて所属していた各国代表選手も紹介 過去に所属していたホンダヒートの選手で、各国代表だったあるいは現在も代表として活躍中の選手も紹介していきます。

しかし翌2010-2011シーズンにトップウェストAでは優勝を逃したものの、で1位となりトップチャレンジ1に進出。

18

2010-2011シーズン トップウェストA 2位、・1位、トップチャレンジ1・2位、トップリーグに自動昇格• 感動しました。

9

総合順位決定トーナメントではサニックス、キヤノン、NECを破り、チーム史上最高のトップリーグ総合9位となった。 (フィジー代表)• ひとりでここまで来ることは不可能なことです。 (元)• 2008-2009シーズン トップウェストA 優勝、・2位、に自動昇格• 2018-2019シーズン 9位(リーグ戦・ホワイトカンファレンス 2勝4敗1分・5位、順位決定トーナメント、1回戦・勝利、9位決定戦・勝利 トップリーグカップ 14位(プール戦0勝3敗・4位、順位決定トーナメント、13位決定戦・敗戦)• 各国代表選手は次の通りです。

4

(現・)• 全員がこのレースから学ぶでしょうから、当然僕らもトップに立ち続けるために、向上できるようにトライして、改善し続けなければなりません。 本記事で紹介した各国代表 元も含め の他にも、現役でNTTコミュニケーションズシャイニングアークスやヤクルトレビンズのラグビー選手として活躍中だったりなど、ホンダヒートは他のチームに負けないくらいの実力派ラグビーチームでもあります。 (元日本代表 CAP9)• マックス・フェルスタッペン 「終わってみれば、とてもポジティブなレースウイークでしたが、もちろん来週も全く同じになるはずはありません。

13

これは歴代5位の記録となります。

10