フスコデ。 フスコデ配合錠│お薬事典│フスコデ配合錠の詳細情報ならここカラダ

これは、興奮時に働く「アドレナリン」と同じ作用をエフェドリンが有しているためです。 カルボシステインやアンブロキソールなどの去痰剤は、発疹などの過敏症がほとんどで、デキストロメトロファンやヒベンズ酸ピペチジンなどの中枢性鎮咳剤では、発疹などの過敏症とともに眠気やめまい・ふらつき、幻覚・興奮などの精神神経系の副作用が報告され、リン酸コデインやリン酸ジヒドロコデインとその配合剤(抗ヒスタミン剤含有)では、便秘、口渇、など消化器系の副作用や尿閉などの副作用が報告されています。

19

呼吸機能が弱っている方• また、市販の薬は様々な咳の症状に対応できるように、いくつかの成分が比較的少なめに入っているのですが、人によっては市販薬の方が効くという方もいらっしゃるかもしれません。 もっと知る! 抗ヒスタミン薬の重複に関しては、 OTC医薬品でも注意が必要である。 作用持続時間 咳止めの中心的な役割を担うフスコデの正確な作用の持続時間は不明です。

3

フスコデは咳を止める効果のある強い薬です。 咳止めとして使われるジヒドロコデインリン酸塩を単剤で使用するよりも、3つの成分を合わせて使用した方が以下のようなメリットがあります。

7

【3つの成分を合わせることによるメリット】 1)鎮咳効果発現時間の短縮 2)鎮咳効果の増強 3)効果持続時間の延長 4)毒性(便秘作用・急性毒性)の減弱 作用発現時間 有効成分の中でも咳止めとして中心的な役割を果たすのがジヒドロコデインリン酸塩です。 甲状腺機能異常• 成分名 働き ジヒドロコデインリン酸塩 咳反射を抑える dl-メチルエフェドリン塩酸塩 気管支を拡張(気管支平滑筋を弛緩) クロルフェニラミンマレイン酸塩 気管支を拡張(気管支平滑筋の収縮を抑制) 有効成分量 フスコデ配合シロップ10ml中に含まれる成分量は下記の通りです。

「一人の患者さんが抱える薬の疑問は、みんなが抱える疑問かもしれない」 私が薬剤師として活動する中で、患者さんに聞かれたことや、患者さんが知っておく必要があると思った情報をまとめるためにサイトを立ち上げました。

5

遺伝的にCYP2D6の活性が過剰• * * そこであらためて注意を喚起したいのが、腸管の蠕動(ぜんどう)運動を抑制する作用のあるジヒドロコデインが関与する便秘です。 そうした危険があるにもかかわらず1日量である9錠を投与したことが、腸閉塞の引き金になったと考えられます。

5

2.その他の副作用(頻度不明) 1).過敏症:顔面紅潮、発疹、そう痒感[症状(異常)が認められた場合には投与を中止する]。 もし、フスコデ錠を服用するとあまりにも眠気や食欲不振などの副作用が良く表れてしまうという場合には、医師に相談をして薬を変えてもらうようにしてもらいましょう。

3

アレルギー反応は 「ヒスタミン」という成分が原因で発生します。 運動時など、体が活発に動いているときは相手をよく見るために瞳孔は開き、力を出すために血管は収縮します。

13