仁王 2 仕込み 旋 棍。 仁王2: 旋棍の運用に関しての覚書

そっちが全然使われて無いように、こっちも今一つ使えません。 防具の特殊効果用に「技」か「武」 防具の特殊効果発動に必要な分だけステ振りするのもおすすめ。 妖怪はガードしてこないので、楽にコンボ数を伸ばせて相性が良いです。

9

「勇」は気力の回復速度を上げられるが、 気力や体力などが大きく伸びるわけではないので、他のステータスも合わせて振っていく必要がある。 神薙で武技をキャンセルして手数を増やすにしても、劫火の圧倒的な効率に太刀打ちできないと思います。

同じ系統の武技に「紅蓮」がありますが、それよりもヒット数が多くて、総ダメージ量でも勝ります。 また浄属性の武器にはガード残心できる機能が付くので、ガードで敵の攻撃を受けてから鬼舞、砕波と繰り出せるようになります。

仕込み旋棍なしでも使える競合武技より、基礎ダメージ量が2倍くらいあり、おまけに火の属性ダメージも加算されます。 どちらも体力を補強しつつ攻撃力を上げながら、気力回復速度や残心初期量アップなどのありがたい影響もある。 同じ系統の「灰燼 上記 」にに比べてダメージ量に劣りますが、派生元が強い攻撃であるため、離れた敵に飛び込みで使うのに適しています。

8

上段専用の寸勁より発生が遅いですが、飛び込み距離が長いのが強みです。 神薙 武技を鬼舞でキャンセルできるようになる奥義なんですが、対抗馬の劫火が強すぎて、攻撃に寄与する効果としては控えめです。 装備とステ振り 対応ステータスは体、勇、忍の3つで、必然的に体極振りか、忍極振りになります。

9

また武技「灰燼」に繋げる際も有力な攻撃になります。 適正度の高さを考慮して、 勇を重視して上げながら、必要に応じて武にもステ振りしていくと良い。 奥義「劫火」によるバフ効果との相性も良く、それを取得したあとでは更に高火力化して、仕込み旋棍「灰燼」をも超えるDPSを持つようになります。

16