火災 保険 年末 調整。 火災保険は年末調整の控除に入る?入らない?

火災保険と一緒に地震保険に加入している場合は 地震保険控除が適用されます。

6

火災保険の名義変更の手続きの仕方 年末調整には関係ありませんが、火災保険は名義変更を行うことができます。 。 関連相談• 後述する手続きを開始する前に、 当該保険契約をどこかで見直していないかどうか、書類等で契約内容をきちんと確認しておきましょう。

毎日何件もの契約業務や事故対応を行っているので、経験豊富なスペシャリストがそろっているのです。 地震保険は、それ単体で加入することができず、火災保険の特約として加入しなければいけません。

3

控除対象とならない例外について 地震保険に加入していたとしても、地震保険料控除を利用できない例外が存在します。 しかし特例として、控除が認められている火災保険があります!! それは以下の条件を満たした、「旧長期損害保険」というものです。 火災保険の経過措置に注意しましょう 火災保険料は控除対象ではなくなりましたが、以前から加入していた火災保険に関しては経過措置を受けられる可能性があります。

2

保険料が5万円以下の場合には支払額の全額が、5万円超の場合は一律で5万円が控除されることになります(旧長期損害保険料に該当する場合、控除額は旧長期損害保険料と地震保険料の合計で5万円)。 年末調整の際に申告すれば、所得や税額の計算や必要書類の提出などの作業は経理担当者によって行われ、納めすぎた税の還付金もはやく手に入ります。

17

年末調整について そもそも年末調整って何? 会社勤めの方であれば、入社二年目から必ず毎月の給料から所得税と住民税が天引きされて支給されます。 保険会社からは年末調整用の控除申請書類が送付されるケースもありますが、年末調整・確定申告等で提出しても控除を受けられないので注意しましょう。 確定申告の書類には地震保険料の年間支払額を記載する欄がありますので、金額を記載のうえ、証拠書類と合わせて提出してください。

18

積立型の火災保険の場合は、必要な書類に記載する以外にも「相続人全員の承認」が必要になります。 地震保険は控除対象 損害保険料控除に代わって新設されたのが「地震保険料控除」です。 可能であれば、毎年納付する税金は少しでも安く抑えたいものです。

損害保険と火災保険の長期保険契約の経過措置 損害保険料控除の廃止に伴って、適用されていた火災保険料の控除も廃止になりました。 参考:. 2006年12月31日までに締結した火災保険である• ただし、源泉徴収の合計金額が必ずしもその年の納税額と一致するわけではありません。 最初に、そもそも年末調整はどんな目的で実施されているのかについて確認しておきましょう。

控除対象の火災保険契約を申告漏れされている方はほとんどいないでしょう。

6